北島康介が男子200メートル平泳ぎで世界新、北京五輪でもレーザー・レーサー着用可能になる見込み

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年6月9日】

Wikipedia
ウィキペディアスピード社に関する記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア北島康介選手に関する記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア松田丈志選手に関する記事があります。

読売新聞中日スポーツJ-CASTニュース時事通信などによると、6月8日 (UTC+9)、東京辰巳国際水泳場で行われた競泳のジャパンオープン2008の男子200メートル平泳ぎ決勝で、北島康介選手 (25歳) が世界記録を0秒99更新する2分7秒51を記録し、自己ベストも1秒33短縮した。北島選手は、スピード社の水着「LZR RACER (レーザー・レーサー)」を着用していた。[1][2][3][4]

6月6日から8日まで行われた今大会では、北島選手の世界新記録を含めて、17個の日本新が記録された。そのうちの16個がレーザー・レーサーを着用した選手による記録だった。[1][2][3][4]

読売新聞と時事通信によると、日本水泳連盟は国内の3社 (ミズノデサントアシックス) とサプライヤー契約を結んでおり、6月8日の時点の規程では他社製品のオリンピックでの使用は認めていない[1][4]。しかし、10日の常務理事会で規程の改正を行う予定である[1][4]。読売新聞によれば、日本水泳連盟の佐野和夫専務理事は8日に「(3社から) ほぼ同意をもらっている」と述べた[1]

時事通信によると、今大会でレーザー・レーサーを着用して2種目で日本新を記録した松田丈志選手はミズノと所属契約を行っている。松田選手はミズノに所属しつつもレーザー・レーサーを着用したことに対して「いけないことと分かっているが、日本代表としてベストの選択をした」とコメントしている。また、北島選手はミズノと個人契約を行っているが、北島選手のコーチ・平井伯昌さんは「違約金で済むなら払えばいい」と話している。日本水泳連盟の規定が改正された後も、選手ごとに選択を行う必要があるようだ。[4]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 『北島が世界新…水着の自由選択、水連「メーカーほぼ同意」 : 水泳 : ニュース : 北京五輪2008 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)』読売新聞、2008年6月9日11時3分 (UTC+9)。
  2. 2.0 2.1 井上学 『中日スポーツ:北島、世界記録を0秒99更新!! 競泳ジャパンオープン:スポーツ(CHUNICHI Web)』中日スポーツ、2008年6月9日 (UTC+9)。
  3. 3.0 3.1 『J-CASTニュース : 北島康介「レーザーレーサー」着用で世界新 「ジャパンオープン」』J-CASTニュース、2008年6月9日 (UTC+9)。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 『時事ドットコム:スピード製、容認へ=五輪水着、10日に結論』時事通信、2008年6月9日21時48分 (UTC+9)。

関連ニュース[編集]