モンテネグロ議会、ジェリコ・シュトラノビッチ内閣を承認

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年11月11日】

ファイル:Zeljko Sturanovic.jpg
ジェリコ・シュトラノビッチ首相(資料、モンテネグロ政府提供)

朝日新聞とさきがけによると10日 (UTC+1) 、モンテネグロ議会はジェリコ・シュトラノビッチ氏を首相とする新内閣を承認した。シュトラノビッチ氏は、首相に正式に就任した。

朝日によると、決議では賛成42、反対28、棄権と欠席が11となり、賛成多数となった。

モンテネグロは今年6月、セルビア・モンテネグロから独立。さきがけによれば、9月には独立後初の議会選挙が行われた。シュトラノビッチ氏はモンテネグロの第一党、民主社会党に所属。セルビアとの連合国家での前政権では、法務大臣も歴任した。

両紙によれば、新首相は、欧州連合 (EU) や、北大西洋条約機構 (NATO) への加盟を早期に実現させたいと語り、セルビアとの友好関係も保っていきたいとの考えを示した。

さきがけによれば、新内閣ではブイツァ・ラゾビッチ氏、ゴルダナ・ジュロビッチ氏が副首相、ミラン・ロチェン氏が外務大臣となったほか、新たに設けられた国防大臣にはロ・ブチニッチ氏が就任した。また、イゴル・ルクシッチ財務大臣らが留任した。

関連記事[編集]

出典[編集]