モンテネグロ、192番目の国連加盟国に

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年6月29日】

モンテネグロの国旗

ニューヨーク国際連合本部で28日 (UTC-4) 総会が開かれ、モンテネグロの加盟を全会一致で承認した。同国は6月4日に独立を宣言した後国連に加盟を申請しており、192番目の国連加盟国となった。

モンテネグロのヴヤノヴィッチ大統領による申請を受けて、国連安全保障理事会で22日全会一致で同国の国連加盟を推薦することを決め、総会に議案が提出され承認に至った。

総会で、国連のアナン事務総長は旧ユーゴスラビア諸国の紛争の歴史に触れ、「民主的な決定と法に基づいた行動が、政治目標を達成する最も効果的な方法であるということを、モンテネグロの人々が示してくれた。」と述べて歓迎のあいさつを行った。

モンテネグロのブジャノヴィッチ大統領は、「国連に加盟することができた名誉とともに、大きな責任も感じている。」と述べた。加盟承認後、モンテネグロの国旗が本部ビル前の広場に新しく掲揚された。

ちなみに、近年最も新しく国連に加盟したのは2002年9月27日加盟の東ティモールで、モンテネグロは3年9ヶ月ぶりの新規加盟国となった。

関連項目[編集]

出典[編集]