プロ野球パ・リーグ ソフトバンク子会社にCS独占放映権売却

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年1月24日】 スポーツ報知によると、プロ野球パ・リーグの参加6チーム中、北海道日本ハム以外の5チームの主催試合のCS衛星放送ケーブルテレビ向けのテレビ中継放映権を、ソフトバンク子会社のGTエンターテインメント社に売却することで合意した。

日経新聞によると、今回の契約は2008年・2009年の公式戦年間300試合、インターリーグ年間60試合の年間合計360試合と、クライマックスシリーズオープン戦のCS・ケーブルテレビ向け放送の中継権。地上波とBS衛星放送の中継権は従来と同じく参加各チームが独自に販売を行うとしている。外部団体に放映権を一括して管理・譲渡させるのは日本の野球界で初めての試みである。

なお、スポーツ報知によると、北海道日本ハムは他の会社との契約の都合上今回のGTE社との契約からは外されているが、球団自前でスタッフを募集した中継番組制作や、スター選手を多数持っていることで、他球団と足並みを揃えなくてもメリットがあるものと見ている。ただし、2008年のインターネットの動画配信に際しては北海道日本ハムを含む全参加チームがGTE社側に譲渡を行っている。

しかし、日経の別記事によれば、今回のGTE社へのCS放映権譲渡で、放送関係者からは放映権料の値上げへの懸念をする声もあり、ある関係者は「ソフトバンクの社長流の『よそに取られるよりも自分から取っちゃえ』というやり方」と話しつつ、「儲けを上乗せしているのかもしれないが、値段が折り合えず放送できないと球団側も困る」と心配している他、別の放送局の関係者は「球団との間に別の会社が入れば宣伝しにくいのでは」としている。

関連記事[編集]

出典[編集]