コンテンツにスキップ

フィリピンを横断した台風22号、パラセル諸島に接近

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
台風第0622号「ウトア」
台風22号、8日午後9時56分。アメリカ海軍調査研究所による
12日午後0時45分に
気象庁が発表した
12日正午の実況
位置 南シナ海
北緯14度35分
東経115度25分
大きさ
強さ 強い
中心気圧 970hPa
最大風速 35m/s
進行方向 西北西
速度 15km/h
暴風域 半径90km
強風域 北側370km、南側220km
上陸 フィリピン中央部

【2006年12月12日】

気象庁によると、台風22号「ウトア」(Utor) が8日午前3時 (UTC+9) にフィリピン東の海上で発生した。翌日、フィリピン中央部を横断し、12日正午現在、南シナ海を西南西に進んでいる。13日にもパラセル諸島を通過し、中華人民共和国南部からベトナム北部に向かうと見られる。

APによればこの台風のため、5人が死亡、15人が行方不明となっている。まだ、DPAによれば死者は少なくとも7人で、サマール島レイテ島パナイ島ロンブロン州ミンドロ島セブ島で合わせて数千人が家を失った。

最近の台風等関連記事[編集]


出典[編集]