パキスタン北東部でM7.6の地震

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2005年10月8日】

2005年カシミール大地震

震源地、米国地質研究所の情報に基づく。

最近の記事
参考資料
震源の位置

気象庁、米国地質研究所、各報道機関によると、8日午前8時50分(現地時間、UTC+5、日本時間午後0時50分)、パキスタン北東部でマグニチュード7.6(米国地質研究所による。気象庁の推定では7.8)の地震があった。パキスタンを中心に、アフガニスタン、カシミールで被害があったと報道されている。

震源地はイスラマバードの北北東95kmの、北緯34度25分55秒東経73度32分13秒。震源の深さは10km。

気象庁は、この地震による津波の心配はないとしている。

なお、午前9時26分(現地時間、日本時間午後1時26分)に、マグニチュード5.9の余震があった。さらに、午前10時8分、19分、26分にもマグニチュード5.4から5.6の地震が観測された。

朝日新聞によると、イスラマバードでは揺れが1分間ほど続いた。AFP通信は、30秒以上続いたゆれの後、5分ほどのゆれがあったとの目撃者の情報を伝えている。日本経済新聞は共同通信電として、市内ではビルが一部崩れるなどの被害が出たと伝えた。また、パキスタンでは民家の倒壊が多く、負傷者が出ている。AFP通信によると、カシミール地方では、村が壊滅状態になった。CNNは、パキスタンでは、ラワルピンディの学校で少女1人が死亡したのを含め、14人が死亡したと伝えた。AFP通信によると、イスラマバードから約700キロメートル離れたパキスタンの町クエッタでもゆれが感じられた。

AFP通信などによると、イスラマバードから約380キロメートル離れた、アフガニスタンの首都カブールでもゆれが感じられた。朝日新聞はアフガニスタン東部で子ども2人が死亡したと伝えた。

NHKによると、インド北部でもゆれが感じられた。CNNによると、カシミールのインド統治地域では、バラムラ町で3人と、スリナガルで2人の計5人が死亡した。AFPのカメラマンは、北インドで、少なくとも12人がけがで病院にいるのを目撃した。

ロイターは、パキスタンでの死者を、イスラマバードで3人、カシミールのパキスタン統治区域で25人、北西辺境州のハザラ地域でおよそ30人と伝えている。また、カシミールのインド統治地域では少なくとも16人、アフガニスタンで1人の死者があったと報じている。

出典[編集]