ドイツ東部で列車が正面衝突 10人死亡

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
2011年鉄道関連ニュース

【2011年1月31日】

ドイツ東部のザクセン=アンハルト州オッシャースレーベン近郊で1月29日深夜(UTC+1)、旅客列車貨物列車が正面衝突する事故が発生し[1][2]、乗客ら少なくとも10人が死亡、23人[注釈 1]が重軽傷を負った。ベルリン[注釈 2]在ドイツ日本大使館の話によると、死傷者の中に日本人は含まれていないという[1][2]

地元警察の調べによると、地元私鉄の旅客列車と、石灰を運搬中の貨物列車が単線区間で正面衝突し[2]火災が発生。旅客列車は横転し、大破した車両もあるという。旅客列車にはおよそ50人が乗車していた[1]

事故当時、現場周辺は濃霧であり、列車の走行速度は旅客列車が時速約100km、貨物列車が時速約80kmであった[1]。警察は「原因はまだ不明」と話し[1]、原因調査を始めているが、信号を見落としたのではないかとする指摘がなされている[2]

注釈[編集]

  1. 朝日新聞より
  2. 共同通信より

情報源[編集]

本ニュースは「共同通信」および「朝日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 47NEWS ベルリン共同 『独東部、列車衝突で10人死亡 20人超が負傷』共同通信社、2011年1月30日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 asahi.com ベルリン=松井健 『旅客列車と貨物列車が正面衝突 ドイツ、10人死亡』朝日新聞社、2011年1月30日。