コンテンツにスキップ

トーク:JR富良野駅で快速列車と除雪車が衝突 12人けが

ページのコンテンツが他言語でサポートされていません。
話題追加
出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
最新のコメント:14 年前 | トピック:査読 | 投稿者:Oos

査読[編集]

Kanjy です。査読しつつ、情報源を三つ(毎日を二つ、時事を一つ)追加し、記述を微修正させて頂きました。これで記事中のすべての記述が複数の情報源の裏付けを持つようになったはずです。

事故は、滝川方面からの快速列車が富良野駅構内に入り、ホームに至る手前で起きました。この現場の位置の表し方は情報源によって様々です。

  1. 駅から約400メートル — 北海道新聞 一報
  2. 駅舎から200 - 300メートル — 毎日 一報
  3. ホームから150 - 200メートル — 共同通信, 時事通信 一報
  4. ポイントから約35メートル — 時事 続報

互いに矛盾しているようにも見えますが、距離を測る基準点がそれぞれ違っています。上記 1 の、単に「駅から」という書き方は、おそらく駅長室あたりからの距離でしょう。つまり、根室線の起点から停車場中心(駅長室等、駅の主要施設の位置)までのキロ程と、起点から現場までのキロ程の差が約 0.4km であったものと思われます。識者によれば、富良野駅のホームは十数両も停まれる長大なもので、滝川方面に長く伸びているそうです。 Oos さんの初稿では 1 でしたが、私 (Kanjy) には 3 の方がイメージしやすいので、勝手ながら変更させて頂きました。

初心者のくせに査読と大胆な修正を試みていますが、改悪ならごめんなさい。引き続き査読をお願いいたします。 --Kanjy 2010年1月6日 (水) 13:27 (UTC)返信

編集ありがとうございます。僕も、駅からの距離が記事ごとにバラバラなのでどれを取るべきか迷いました。解説して頂けて助かります。--Oos 2010年1月7日 (木) 02:29 (UTC)返信