トーク:コンピュータウイルス作成による器物損壊容疑で逮捕者 日本で初めて

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

記事名[編集]

この人物の「日本初」は「コンピュータウィルス作成」ではなくて、「コンピュータウィルス作成に関する罪状での逮捕」ですので、「コンピュータウィルス作成の罪による日本初の逮捕者、今度はイカタコウィルスによる器物破損で逮捕」等に改名した方がいいと思います。立件・逮捕がされていないにしろ、この人物より前に日本でコンピュータウィルスを作った人がいないわけではないはずです。--Game-M 2010年8月6日 (金) 02:08 (UTC)

そうですか。それでは「ウィルス作成での逮捕者」に修正したいと思います。MASA 2010年8月6日 (金) 09:42 (UTC)
「逮捕容疑者」というのは日本語では変じゃないですか?
あとそもそも逮捕というのは「疑い」であり、逮捕の時点では有罪ではありません。そこを強調するのは人権上問題があります。この人は執行猶予付きで有罪になっているので、強調するならそちらのほうがまだましでしょう。とはいえ、情報源にしている記事のように、見出しにはそのことをいれないほうがいいと思います。いまの見出しはごちゃごちゃして、意味が不明瞭です。--Aphaia 2010年8月6日 (金) 11:35 (UTC)
「逮捕容疑者」は変ですね。《逮捕の時点では有罪ではありません。そこを強調するのは人権上問題があります》については、逮捕という事実はあるので別に強調してもいいとは思います。執筆者がそこを強調したいのでしたら、という前提で。「逮捕」の時点で有罪のように報道することは人権上の問題が発生しうると思いますが、そうでないなら特に問題はないのかな、と。しかしながら、有罪判決が確定しているの記事名に盛り込むとすれば、逮捕よりも有罪判決が確定していることを盛り込む方がマシという意見には賛同します。が、別にいらないんじゃないかなー。正確に書くには文字数が必要なので。今回、個人的に一番大きいのは、コンピュータウイルスで器物破損容疑というところだと思いますので、それ一本でいい気がする。
あと、「逮捕」と「判決」と「判決確定」についての記述がひどかったので修正しておきました (差分) 。記述自体も、冒頭と最後の部分をまとめて記述したりは必要だと思っていますが、手をいれる時間がないので誰かお願い。--iwaim 2010年8月8日 (日) 16:48 (UTC)
記事名について。「コンピュータウイルス作成による器物損壊容疑で逮捕者 日本で初めて」とかのほうがわかりやすいかと。今の記事名は何を言いたいのかわからないです。--アルトクール 2010年8月9日 (月) 14:10 (UTC)
iwaimさん、アルトクールさん、コメントありがとうございます。アルトクールさんの案はよいですね。反映させてみました。--Aphaia 2010年8月9日 (月) 18:39 (UTC)