サンフレッチェ広島、1年でJ1返り咲き - サッカーJ2

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年9月24日】 中国新聞によると、サッカーJ2リーグサンフレッチェ広島は9月23日(日本時間 UTC+9)、愛媛FCとの試合(広島ビッグアーチ)に4-1で勝利し、また追いかけていたモンテディオ山形が0-1でサガン鳥栖に、ベルマーレ湘南も1-2でベガルタ仙台にそれぞれ敗れたため、これ以上ベガルタ以外の各チームがサンフレッチェに追いつかない事が決まり、7試合を残して早くもJ1リーグ自動昇格の条件である2位以上を確定。1年でのJ1返り咲きを決めた。

サンフレッチェは2007年度のJ1リーグで16位となり、J2の3位チーム(京都サンガ)との入れ替え戦に敗れてJ2降格となったが、ペトロビッチ監督を初め、選手の大半が残留し、序盤から独走態勢。わずか4敗を喫しただけ、かつ連敗もないという圧倒的な強さを見せてのJ1復帰となった。

同チームの公式サイトによると、J1昇格は12月に行われるJリーグ理事会での承認により正式決定されるとしている。

関連ニュース[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]