2007サッカー入れ替え戦、京都サンガ2年ぶりJ1復帰

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年12月9日】 京都新聞によると、Jリーグ1・2部入れ替え戦サンフレッチェ広島京都サンガ戦第2試合が12月8日、広島ビッグアーチであり、0-0で引き分けたが、第1試合で勝利している京都が2006年以来2年ぶりのJ1復帰を決めた。京都がJ1に昇格するのは3回目。また中国新聞と時事通信によると、広島は2003年以来5年ぶりの2部降格となった。

日経新聞と中国新聞、京都新聞によると、第1試合を1-2で敗れ、この試合に勝たないとJ1残留が出来ない広島は序盤から攻勢をかけるが京都の堅い守りに阻まれた。一方の京都も後半に今季で引退を決めた秋田豊らを起用し攻撃的なシフトを立てたが、双方とも得点を奪うことが出来ずに終わり、京都のJ1昇格が決まった。

出典[編集]