コロンビア大統領選で、ウリベ氏再選

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
コロンビアの位置
再選を決めたウリベ氏

【2006年5月30日】

コロンビアで、現地28日に任期満了に伴う大統領選挙が行われ即日開票が行われた結果、現職のアルバロ・ウリベ・べレス氏が再選された。

読売新聞によれば、今回の選挙ではウリベ氏の他、民主代案同盟(PDA)のカルロス・ガビリア上院議員、自由党のオラシオ・セルパ元内相が立候補していた。中央選管の中間集計(開票率99.86%)でウリベ氏が得票率62.20%の過半数を占めて再選を決めた。

CNNによればコロンビアの大統領の任期は4年で、従来は再選が禁止されていたが、2005年に憲法が改正され再選が可能となり、今回のウリベ氏の2期当選がコロンビアでは初めての再選である。

読売によれば、ウリベ氏は53歳。親米派として知られる。反政府勢力や麻薬組織に強い姿勢で臨み、経済を好転させたことが評価されたと見られる。

得票率[編集]

  • アルバロ・ウリベ大統領 62.20%
  • カルロス・ガビリア上院議員 22.04%
  • オラシオ・セルパ元内相 11.84%
読売による(以下敬称略)

関連記事[編集]

出典[編集]