ガトリンの記録、9秒77に訂正

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャスティン・ガトリン選手(資料、2005年)

【2006年5月18日】

17日、国際陸上競技連盟(IAAF)は、カタール・ドーハで12日に開催されたIAAFスーパーツアーミーティングの男子100m走決勝で、アメリカのジャスティン・ガトリン選手の記録9秒76を、9秒77に訂正し、世界新記録ではなく、世界記録タイであったと発表した。9秒77は昨年、ジャマイカのアサファ・パウエル選手が出した記録と同じである。

朝日新聞によれば大会での計時を請け負ったスイスの時計メーカー・ティソからの報告で判明した。

サンケイスポーツによると、この競技は電子計時により計測が行われたが、それによればガトリン選手のタイムは9.766秒であった。この場合、IAAFの規定では小数第3位を切り上げて9.77秒とすることになっているが、誤って切り捨ててしまい、9.76秒としていた。

関連記事[編集]

出典[編集]