カリブ海で熱帯性暴風ウィルマ発生

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィルマ、東部夏時間17日午前9時15分(日本時間午後10時15分) 米国海洋大気圏局による

【2005年10月17日】

アメリカ国立ハリケーンセンターによると、東部夏時間午前5時(UTC-4、日本時間午後6時)までに、カリブ海で熱帯性暴風「ウィルマ」が発生した。

ウィルマが発生したのは、ジャマイカの南西のカリブ海。熱帯性暴風は、「強い台風」以上に相当するハリケーンよりは弱く、(「強い」などの付かない)「台風」に相当する。北西大西洋地域で今年度21番目の熱帯性暴風で、これまでの年間最大数に並んだ。

午前5時現在、北緯17.2度西経79.9度にあって、南西に時速5kmで進んでいる。風速は毎秒18m。中心気圧は1,000ヘクトパスカル。

最近の台風等関連記事[編集]

出典[編集]