オリンパス粉飾決算事件で、菊川前会長ら7人逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2012年2月16日】

Wikipedia
ウィキペディアオリンパス事件に関する記事があります。
オリンパス本社が入居する新宿モノリスビル

読売新聞時事通信によると、光学機器大手・オリンパス粉飾決算事件で、東京地検特捜部2月16日UTC+9)に、同社の前会長菊川剛(70歳)、前常勤監査役山田秀雄(67歳)、前副社長森久志(54歳)の3容疑者金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕し、外部協力者として損失隠しに用いたファンドの設立・運営に関与したとされる、投資助言会社・「アクシーズ・ジャパン証券」元役員・中川昭夫(61歳)、コンサルタント会社・「グローバル・カンパニー社長・横尾宣政(57歳)、同社役員・羽田拓(48歳)、同社元役員・小野裕史(50)の4容疑者についても、警視庁と合同で同日に逮捕した。

読売新聞によると、粉飾額は約1,100億円に及ぶ。

時事通信によると、特捜部と警視庁は、証券取引等監視委員会や海外の捜査当局などと連携を図り、日本国内外を舞台とした巨額損失隠しの全容解明を進める方針である。

読売新聞が特捜部の発表として伝えたところによると、菊川容疑者ら同社旧経営陣3人は、外部協力者と共謀した上で、含み損を抱えた金融商品を、イギリスケイマン諸島に設立したファンドに移し替える「飛ばし」などの手口を用い、2007-08年3月期の資産額についてそれぞれ約1,100億円分の水増しを行い、有価証券報告書に虚偽記載をした疑いがある。損失については、日本国内3社などの買収によって捻出した1,348億円を用いて穴埋めしたとされる。

時事通信によると、これまでの特捜部などの聴取に対し、同社旧経営陣3人は損失隠しへの関与を認めており、中川・横尾両容疑者は否認しているという。

情報源[編集]

関連ニュース[編集]