ウィキペディアを取り上げた教科書 検定通過

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア教科書検定に関する記事があります。
参考資料:ウィキペディア「死刑」に掲載されている
「死刑制度の世界地図」図表の最新版(GFDL)[1]

【2008年3月29日】

読売新聞ほかの報道によると25日、2009年度から使用される教科書の教科書検定の結果が発表された。読売によると、検定を通過した教科書のうち、開隆堂出版の教科書では「ウィキペディア(Wikipedia)」の成り立ちや利用状況を取り上げた。また増進堂の英語リーティング用教科書ではウィキペディアに掲載されている図表が引用された。

毎日新聞の報道(26日)によると、ウィキペディアから引用された図表は、死刑制度のある国や廃止した国などが色分けされている図。同社は検定意見を受け、国境線の修正を行った。文部科学省は、「図の出典の明記を求め、不正確な個所には意見をつけている。特に(使用への)異論は出なかった」とコメントしている。

ただし、これを踏まえて取材したとするJ-CASTニュースでは、増進堂が生徒にその信憑性が誤解されかねないとして出典先を変えることを検討していると報じた。

また、毎日新聞によると、メディア教育に詳しい藤川大祐・千葉大准教授は、ウィキペディアは教科書などへの引用にはなじまないと述べた。

ウィキペディアはその免責事項の中で提供情報に対して合法性、正確性、安全性等の保証行わないとしており、2次利用は自己責任での利用を掲示している。

「アイシェア」が2007年12月に発表したウィキペディアに関する利用状況の意識調査[2]では、全体の9割が認知している反面、記載内容への信用性には「信用している」との回答が39.4%であった。

脚注[編集]

  1. 下記出典のJ-CAST記事内の写真より。
  2. 調査はアイシェアのサービス利用者(CLUB BBQメール転送サービス会員)を対象として2007年11月27日から同月30日までの3日間行われ、有効回答数は765名。2007年12月7日に調査結果を発表。

出典[編集]

関連ニュース[編集]


Wikimedia-logo.svg
この記事は、ウィキメディア財団もしくはそのプロジェクトについて扱っています。

ウィキニュースも財団のプロジェクトのひとつであることにご注意ください。