インド・ニューデリーで爆弾テロ数回、死者は59人に

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
デリーの位置
インドの国旗(資料)

【2005年10月30日】

インド時間29日午後(日本時間29日夜)、インドの首都ニューデリーの市街地で爆発があり、少なくとも59人が死亡、210人以上が負傷した。爆発は少なくとも3回あったと、ロイター、読売新聞などが伝えている。

ロイター、読売新聞によると、爆発現場は焼け焦げた死体やガラスの破片が散乱し、現場にいながら助かった人たちが、行方不明となった家族を探し出し救出していたという。インドのマンモハン・シン首相は国民に冷静になるように求め、インドの人々にはテロとの戦いに勝つという意思がある、と述べている。

インド国民の80%はヒンドゥー教徒、13%はイスラム教徒である。事件が起きた29日は、3日後にヒンドゥー教の祭りディワリ(光の祭り)、1週間後にはイスラム教の断食月ラマダーン明けの祭りを控えており、市街地は大勢の人で賑わっていた。そのため、デリー(首都圏,National capital territory)のシェイラ・ディクシット知事は事件後、ここ数日は(2つの祭りを控え、町に人が集まりやすく宗教に対する意識も高まるので)外出しないよう呼びかけた。

読売新聞は、地元インドのテレビ局がカシミール地方の「インクラブ」という組織が犯行声明を発表したと報じている。

出典[編集]