イギリスがロシアの外交官を国外追放─リトビネンコ事件を受け

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
外務および英連邦省(資料、PD)

【2007年7月17日】

日本経済新聞などによると、イギリスミリバンド外務大臣は16日、議会下院での演説の中で、ロシアの外交官4名を国外に追放するとの決定を明らかにした。昨年11月に旧ソ連国家保安委員会(KGB)の元職員アレクサンドル・リトビネンコ氏が亡命先のイギリスで毒殺された事件について、イギリスはロシアに対して、実行犯とされるアンドレイ・ルゴボイ容疑者(同じくKGB元職員)の身柄引き渡しを要求していたが、ロシアは拒否しており、今回の措置はこれに対抗してのもの。

時事通信によると、ブラウン英首相は外遊先のベルリンで「無実の市民が危険にさらされた」として今回の措置の正当性を主張した。一方、東京新聞[=共同]によるとロシア外務省のカムイニン情報局長は強く反発し、今回の「挑発行為が対抗策なしで済むことはない」と警告した。

関連記事[編集]

出典[編集]