ロシアの元情報機関中佐が死亡、毒殺か

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年11月24日】 アレクサンドル・リトビネンコ氏が、亡命先のロンドンの病院で23日夜 (UTC±0) に死亡した。43歳だった。

読売新聞によると、リトビネンコ氏はロシアの情報機関・連邦保安庁 (FSB) の元中佐であった。1998年にFSBの要人殺害を告発し、2000年にロンドンに亡命。亡命後もプーチン政権を批判していた。

また、2006年11月1日午前にロンドンのホテルで元スパイのロシア人と茶を飲み、同日午後には日本食レストランでイタリア人情報提供者と接触、先月殺害されたロシア人ジャーナリスト、アンナ・ポリトコフスカヤ氏に関する情報を得たとされる。その後体調を崩し入院、17日には集中治療室に移されたという。

死因はタリウム中毒との見方があるが、これを否定する見方も存在するため死因特定には至っていない。通常の食事でタリウムを摂取することは考えにくいので、ロシアの情報機関による暗殺説も浮上しているが、ロシア政府や情報機関は、関与を公式に否定している。

出典[編集]