Winny開発者の金子勇氏が新技術で特許取得

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年2月23日】

P2P通信の一例 (参考資料、PD)

P2P技術によるコンテンツ配信を行っているドリームボート(京都府)は2月22日(UTC+9 以下同)、同社技術顧問の金子勇氏がデジタルコンテンツ配信プラットホーム『SkeedCast』用のソフトウェア『情報提供管理システム』について、2009年11月に特許を取得していたことを発表した。このシステムはすでに実装済みで、取得した特許番号は第4403124号[1][2][3]

『SkeedCast』は配信ネットワークをコンテンツの提供者、配信ネットワーク、視聴者に分けて管理するP2P技術による配信システム。『情報提供管理システム』はデジタル署名鍵認証システムを応用したもの。『情報提供管理システム』を実装したことで、正規の配信サーバーから提供されているコンテンツであることをユーザー側のシステムが簡単に見分けることができ、ウイルス侵入やデータ改ざんを遮断するなど高度なセキュリティを実現。また、認証経路を最適化し、高速なコンテンツのダウンロードを可能とした[1][2][3]

『情報提供管理システム』を開発した金子勇氏は、P2P技術を使用したファイル共有ソフト『Winny』の開発者[1][2][3]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 『ウィニー開発者金子氏、不正コンテンツ流通防止技術で特許取得』知的財産局、2010年2月23日。
  2. 2.0 2.1 2.2 冨岡晶(RBB TODAY) 『Winny開発者・金子勇氏の新技術が特許取得 ~ ドリームボート社が製品化』RBB TODAY、2010年2月22日。
  3. 3.0 3.1 3.2 『Winny 開発者金子勇氏の新技術、特許を取得』japan.internet.com、2010年2月22日。

外部リンク[編集]