Wikipedia訪問者が1年で2.8倍に急増

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動


Wikimedia-logo.svg
この記事は、ウィキメディア財団もしくはそのプロジェクトについて扱っています。

ウィキニュースも財団のプロジェクトのひとつであることにご注意ください。

【2006年2月18日】

Wikipedia推定訪問者数の推移
推定訪問者数 年月
164万人
2005年1月
457万人
2006年1月

日経BP、ITmedia、CNET Japanによると、日本国内の家庭内でのインターネット利用状況を調査しているビデオリサーチインタラクディブ(東京都中央区)は17日、インターネットフリー百科事典「Wikipedia」 (wikipedia.org) の訪問者数が、同国において2005年1月から2006年1月までにおよそ2.8倍上昇しているとの調査結果を発表した。

調査結果によると、同国における同サイトへの2006年1月期のユニークな訪問者数はおよそ457万人と推定されている。これは前年1月期の164万人に比べ、2.8倍にも達している。また、日経BPによると、1月期の推定閲覧ページ数は5,579万ページとなり、前年1月期に比べて4.3倍まで上昇し、1人あたりの平均閲覧時間も1.75倍の10分31秒に上昇しているという。訪問者は35-49歳の男性が最も多く、訪問者全体の22%で、次に20-34歳の男性が17%と続いている。

調査結果およびITmedia、CNET Japanによる推定では、対象期間内に1度でもインターネットでWebに接続した人に占めるWikipedia閲覧者の割合は17%で、「はてな」の20%に迫る勢いだという。

(注:数値はすべて、自宅のパーソナルコンピューターからのインターネット利用者の推定値)

出典[編集]