WBCバンタム級タイトルマッチ、王者長谷川が6度目の王座防衛

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年6月12日】

タイトルマッチが行われた日本武道館 (参考資料、GFDL)
Wikipedia
ウィキペディア長谷川穂積選手に関する記事があります。

朝日新聞によると、6月12日 (UTC+9) に東京都日本武道館で行われたボクシングWBCバンタム級タイトルマッチは、王者の長谷川穂積選手 (日本・真正ジム) が挑戦者のクリスチャン・ファッシオ選手 (ウルグアイ、同級9位) を2ラウンドでTKO。6度目の王座防衛となり、世界バンタム級・日本人ボクサーの防衛回数記録を更新することとなった。[1]

産経新聞によると、長谷川選手は10日に行われた調印式で「一番のテーマはKOで勝つこと」と述べていた。[2]

出典[編集]

  1. 『asahi.com:長谷川がTKO勝ち、6度目防衛 世界バンタム級 - スポーツ』朝日新聞、2008年6月12日20時24分 (UTC+9)。
  2. 『長谷川「テーマはKO」、12日にダブル世界戦 - MSN産経ニュース』産経新聞、2008年6月10日17時31分 (UTC+9)。

外部リンク[編集]