UEFAのプラティニ会長が疑惑について釈明

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2015年9月29日】

Wikipedia
ウィキペディア2015年FIFA汚職事件に関する記事があります。

FIFA(国際サッカー連盟)の汚職事件に関連して、欧州サッカー連盟(UEFA)のミシェル・プラティニ会長はUEFAに加盟する各国のサッカー協会に対して書簡という形で、今回明らかになった疑惑の経緯についての説明を行った。

それによれば、1990年代の末から2002年までの間にFIFAの内部で常勤としてサッカーに関連した「多様な事案」に取り組んで、その時に、合意していた報酬の最後の金額である200万スイスフランが2011年2月に支払われ、その上で、「スイスの法律にのっとって申告している」とした上で、「一連のできごとで自分やUEFAの名声が傷ついた。誤解を晴らせるように全力を尽くしたい」という風にを説明した。さらにプラティニ氏は、9月28日付で、FIFAの倫理委員会にも書簡という形で、できる限り早く(今回明らかになった)問題を明らかにするため、必要な追加の情報の提供について申し出た。しかし、報酬の支払いが9年遅れた理由について、この書簡の中では明らかにされなかった。

今回の疑惑に関して、参考人として事情聴取を受けたプラティニ氏は「自分のイメージと評判が損なわれるかもしれないのは承知している」と自ら認めているが、UEFAに加盟する各国のサッカー協会に送った書簡の中では「情報提供のための聴取であり、間違ったことはしていない」と記してある。

情報源[編集]