PAC3配備3ヶ所ほぼ決まる ミサイル防衛

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年7月23日】

ミサイル防衛を構成するPAC3入間基地(埼玉)、航空自衛隊岐阜基地(岐阜県各務原市)、航空自衛隊春日基地(福岡県春日市)に配備される見込となった。

防衛庁はPAC3を18年度予算で航空自衛隊岐阜基地に、19年度予算で航空自衛隊春日基地に配備することを固め、既に16年度の予算で配備が決定している入間基地と合わせて防衛庁が予定している3ヶ所すべてが決まったことになる。千歳基地については「中国の弾道ミサイルの脅威が高まっており、より緊急性を要するのは九州の防護だ」として導入が見送られた。

またこれとは別に航空自衛隊府中基地(東京)にPAC3部隊の配置が検討されていることも明らかになっている。

出典[編集]