NOMOベースボールクラブ、クラブ選手権初出場・初優勝決める

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年9月7日】

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9
大和高田クラブ 0 0 0 1 2 0 0 0 0 1
NOMOベースボールクラブ 2 0 3 0 3 0 0 0 x 8

日本の社会人野球のクラブチームNOMOベースボールクラブ(NOMOクラブ)(大阪府堺市)が、去る9月2日-5日にかけてインボイス・西武ドームで開かれた第30回全日本クラブ野球選手権大会で創部2年目の初出場で初優勝を決めた。9月5日-6日の各種報道が伝えた。NOMOベースボールクラブはアメリカ・大リーグで活躍する野茂英雄さんが主宰するクラブチーム。

NOMOクラブは9月4日に開かれた2回戦で、コメディアンの萩本欽一氏主宰の茨城ゴールデンゴールズと対戦し2-1の接戦をものにして5日に開かれた準決勝進出。

その準決勝では大矢投手の好投等で富山ベースボールクラブを5-0で圧勝し、引き続いて開かれた優勝決定戦で同じ近畿勢・奈良県の大和高田クラブと対戦。1回に3番・柳田選手と5番・澤田選手の2本のタイムリーヒットで2点先制する。3回にも染谷選手の2ランホームランなどで3点を加点。4回に大和高田に1点を返されるも、5回にはランナー2・3塁の得点圏のチャンスに澤田選手のレフトへの2点タイムリー3塁打と定岡選手のスクイズバントの成功で3点を上げ、試合を決めた。

清水信英・NOMOクラブ監督は「素直に嬉しい。選手を信頼して今までやってきた。いつもは接戦が多いものの、先取点を取れて楽になった。選手ががんばって全国大会で優勝できたと野茂に報告したい」(産経新聞の記事より)と優勝の喜びを語っている。

NOMOクラブはさる8月に開かれた都市対抗大会に初出場したが、1回戦でJR東日本に1-6で敗れている。

出典[編集]