NHK紅白歌合戦、2005年は戦後の名曲特集に

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年7月21日】

NHKは、大晦日に放送される2005年度の紅白歌合戦を、視聴者から寄せられたアンケートを基に放送する楽曲を検討する試みを実施することを発表した。これは、今年が戦後60周年に当たるためである。

例年の紅白歌合戦は出場歌手を11月に決めた後、12月中旬に放送する楽曲を決めるという方式を取り入れていたが、2005年は一般視聴者100万人以上を対象とした「スキウタ(紅白みんなでアンケート)」というテーマでのアンケートを7月~10月にかけての予定で募集。全国の各地にある放送局や公開放送の会場、またインターネットパソコン通信)などを利用して、戦後のヒット曲600曲以上のリストから視聴者に1人3曲を選出してもらう。それを基に放送する楽曲を検討するというものである。

視聴者アンケートに関しては、2004年度も出場歌手選考のために世論調査によるアンケートをとったものの、上位に食い込んでいた松任谷由実サザンオールスターズ柴咲コウらが出場を拒んだり、また一部では歌手の順位付けは不快とする意見もあった。

出典[編集]