NASAの施設で男が銃を発砲、人質を殺害して自殺

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年4月21日】

ジョンソン宇宙センター(資料)

共同通信によると、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン米航空宇宙局(NASA)の建物内で、20日午後1時40分頃(UTC-5)、拳銃を持った男が男女2名を人質にとって立てこもる事件があった。時事通信によると男は建物の2階の一室に約3時間にわたって立てこもり、人質の男性の胸部を撃って殺害した後、自身の頭部を撃って自殺した。別の人質の女性は手足をテープで縛られていたが、大きなけがもなく無事だった。

共同通信によると、事件があったのはジョンソン宇宙センター内の44号棟と呼ばれる建物で、研究室や通信設備を備えている。犯人の動機はわかっていない。時事通信が伝えた警察当局の発表によると、男は50歳代の白人で、NASAと契約しているカリフォルニア州の民間企業の職員だという。

朝日新聞が伝えた宇宙航空研究開発機構ヒューストン駐在員事務所の話によると、事件発生時には日本人宇宙飛行士の星出彰彦さん(38)がセンター内にいたが、携帯電話で無事を確認したという。他の日本人宇宙飛行士も普段は同センター内で訓練を行っているが、それぞれ出張などでセンターの外にいたため、無事だった。

出典[編集]