Mozilla FirefoxおよびThunderbirdの1.0.5に機能拡張の動作に関する不具合

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年7月19日】

7月19日のMozillaZineによれば、先日セキュリティーホールの修正版として1.0.5がリリースされたばかりのMozilla FirefoxMozilla Thunderbirdに、機能拡張の動作に影響を与える不具合が確認された。このためMozilla Foundationは急遽その部分の修正を行い、1.0.6をリリースするとしている。

この不具合はセキュリティホールの修正とは無関係で、機能拡張に関するAPIの仕様変更によるもの。これまでに一部の機能拡張の作者などから「一部の機能拡張が動作しなくなった」という報告が寄せられていた。

このことからMozilla Foundationは急遽修正版である1.0.6の開発に着手、既に1.0.5のローカライズを行っていた各国のユーザーに作業の中止を要請している。これに対しローカライズ作業者達は、ニュースグループや不具合追跡サイトで、作業計画の不備と情報提供の不足に不満を表明している。

出典[編集]