M-1グランプリ2007にサンドウィッチマン

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年12月24日】 デイリースポーツによると、若手漫才師の実力日本一を決めるコンクールオートバックスM-1グランプリ2007・決勝戦」が12月23日東京都内であり、サンドウィッチマンが第7代目のグランプリ(優勝)に輝き、賞金1000万円が贈られた。

デイリーと日刊スポーツによると、サンドウィッチマンは伊達みきおさんと富沢たけしさんのともに33歳の2人が結成した漫才師で、準決勝で一旦敗れたが、敗者復活戦を制して決勝大会にコマを進め、島田紳助氏や松本人志氏ら8人中4人の審査員から得票を得て、優勝を決めた。マイコミジャーナルによると、敗者復活からグランプリを獲得したのは7回目にして初めてである。島田氏は「このコンビが決勝に残らなかったのが不思議」と驚いたという。

産経新聞によると、このコンクールは結成10年以内であればプロ・アマ・所属プロダクションの種別を問わず参加できるのが特徴。毎年参加者が増え続け、第7回の今大会には4239組の参加があった。

出典[編集]