JR東日本秋田支社・管内9駅のみどりの窓口廃止へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年2月23日】

秋田魁新報によると、JR東日本秋田支社は湯沢駅や鷹ノ巣駅などの管内9駅のみどりの窓口を廃止すると発表した。

これは会社内の業務効率化の一環によるもの。このため、代わりのものとして岩手県盛岡市の販売センターと回線を利用した「Kaeruくん」を設置し、オペレーターと会話しながら、指定席券や定期券などを購入できるようにする。ただし、航空券やホテルの宿泊予約は対象外になる。

日本経済新聞によれば、17日、同社の水戸支社が、支社内の9つの駅について同様の計画をしていることを、発表した。「Kaeruくん」利用時間は午前6時から午後9時30分としている。3月1日の高萩駅が「Kaeruくん」の最初の導入となる。

中日新聞によれば、「Kaeruくん」はすでに東京都内に設置されている。

出典[編集]