JR山陽新幹線で走行中の列車のドアが全開に けが人なし

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年8月11日】

時事通信産経新聞読売新聞によると、8月10日午前8時45分頃(UTC+9)、福岡県宮若市JR西日本山陽新幹線博多 - 小倉間を走行中の博多発新大阪行き「ひかり548号」(8両編成)の運転台で、列車のドアが閉まっていることを示す表示灯が消えたため、運転士非常ブレーキをかけ緊急停車した[1][2][3]

車掌が確認したところ、先頭車両である8号車の後部右側のドアが全開の状態になっていた[1][2]。列車には約200人の乗客が乗っていたが、けが人はなく、安全を確認したうえで運転を再開した[1]。このトラブルの影響で、上下3本の列車に最大で約30分の遅れが生じ、約500人に影響が出た[2][3]

JR西日本の発表によると、8号車右側ドアの非常用ドアコック(非常時に手動でドアを開閉できるようにする装置)が「開」の状態になっていたという[1][2]。同社では悪質ないたずらの可能性があるとみて、原因を調査している[1][2][3]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 時事ドットコム 『ひかり走行中ドア開く=いたずら?山陽新幹線-福岡』時事通信社、2009年8月10日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 MSN産経ニュース 『走行中の山陽新幹線でドア全開 博多-小倉間、いたずらの可能性も』産業経済新聞社、2009年8月10日。
  3. 3.0 3.1 3.2 YOMIURI ONLINE 『山陽新幹線ドア開き走行…けがなし、いたずらか』読売新聞、2009年8月10日。