JFLサッカー入れ替え戦、FC岐阜2連勝で昇格

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年12月23日】 日刊スポーツによると、日本フットボールリーグ (JFL) の入れ替え戦第2試合「FC岐阜ホンダロック」が12月23日、岐阜メモリアルセンター長良川球技メドウで行われ、全国地域リーグ決勝大会2位でJFLに挑戦する岐阜が4-1でJFL18位のホンダロックを下し、2連勝で来年のJFL昇格を決定した。

中日新聞によると、12月17日に行われた第1試合(宮崎)では、ホンダロックに退場者が出て10人でのプレーとなってから岐阜が攻勢をかけて大量4点 (4-0) の圧勝を演じていた。日刊スポーツによるとこの試合で4点差以上の負けでない限りJFL入りが決まる岐阜はこの試合も片桐淳至が2点を挙げるなど4点を挙げる大活躍で2連勝(通算スコア8-1)で昇格を決めた。

岐阜新聞によると、岐阜県から日本のサッカー全国リーグ(Jリーグ・JFL)のチームが加盟するのは西濃運輸(1997年休部)以来9年ぶりとなる。

出典[編集]