Jリーグ・東京ヴェルディのJ2降格決まる

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年11月28日】

報道機関の11月26日の報道によると、同日開催されたJリーグ1部(J1)、柏レイソル戦で1-5で敗れた東京ヴェルディ1969が、2005年度シーズン17位以下となることが確定し、2006年度の2部(J2)降格が決まった。またこの試合で勝利したレイソルもJ2との入れ替え戦出場の16位が確定した。

この試合は前半18分にレイソルが大谷秀和選手のゴールで先制すると、ヴェルディも27分に小林慶行選手が同点ゴールを放ち、前半は1-1の同点。しかし後半レイソルは立ち上がり1分の矢野貴章選手の勝ち越しゴール以後、平山智規、土屋征夫、永田充の各選手がゴールを決めて5-1と圧勝。ヴェルディは1993年のリーグ発足以来13年間守り続けたJ1から降格することとなった。またレイソルは大勝したものの清水エスパルス鹿島アントラーズと2-2で引き分けたため、2年連続でJ2リーグ3位のチームとの入れ替え戦に廻り、J1残留をかけることとなった。

高木義成選手(ゴールキーパー)は、「サポーターに辛い思いをさせられて、情けなかった」(中国新聞より)と振り返っている。また平本一樹選手は「どうすれば1年でJ1に復帰できるチームになるかを考えたい」、小林大悟選手も「1年で戦えるチームになってJ1に戻る」(何れも朝日新聞より)とコメントしている。

朝日新聞によると、ヴェルディは1969年、読売FCとして日本のサッカー界初のクラブ組織による社会人チームとして結成され、Jリーグ創設時は神奈川県川崎市を本拠地にして、三浦知良北澤豪ラモス瑠偉武田修宏日本代表クラスの選手を擁してリーグ戦2連覇(1993年、94年)を達成するなど、初期の名門チームとして君臨したが、1999年に読売新聞社がスポンサーから退いて以後は戦力が低下し、また運営費用も大幅に削減されている。唐井直ゼネラルマネジャーによると、「低予算でも様々な工夫をしているチームがあるから言い訳にならないが、全盛期とは全く違うチーム。当時の主力スター選手2人分の年俸が現在チーム全員の年俸に当たる」と説明した。

チームはその後2001年に東京都を本拠に移し、2004年度天皇杯で優勝したが、2005年度のリーグ戦では開幕から低迷し、今回のJ2降格となった。

出典[編集]