iPodから火花が出る事故 - 1月に神奈川で発生

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
iPod nano
型番が異なる同色の製品(GFDL)

【2008年3月12日】

asahi.comと東京新聞によると、アメリカアップルが製造する携帯型のMP3プレーヤーiPod nano(アイポッド・ナノ)」で、充電中にバッテリー部分から火花が出る製品事故が1月神奈川県であったことが判り、経済産業省は3月11日、製品のそのものに原因が疑われる事故と発表した。

東京新聞によると、問題の事故は1月8日に神奈川県内で「MA099J/A」(中国製)という機種の製品を充電中にバッテリー部分のリチウムイオン電池が加熱して火花が発生したものである。これによる怪我人は出ていない。アップルはこの事故を3月7日に経済産業省へ報告した。これと同じ型の商品は日本国内では2005年9月から2006年9月の1年間で42万台が販売されていた。asahi.comによると、経済産業省の製品事故対策室は「事故報告はこの1件のみで、現段階で回収を促すことはない」としている。

また、asahi.comによると、iPodは2001年から発売を開始しており、今回のiPod nanoの他iPod shuffle(アイポッド・シャッフル)、iPod mini(アイポッド・ミニ)などを含めたシリーズ全体の製品販売台数は全世界で1億4000万台に及ぶ。今回の事故に関して、アップル日本法人は「詳細を把握していないので現時点でコメントは出来ない」と話している。

出典