FIFA ベッケンバウアー氏に警告と罰金の処分

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2016年2月18日】

Wikipedia
ウィキペディア2015年FIFA汚職事件に関する記事があります。
ベッケンバウアー氏(2014年撮影) CC-by-3.0

2016年2月17日、FIFA(国際サッカー連盟)の倫理委員会は、かつてのFIFA理事で西ドイツ代表だったベッケンバウアー氏に対して、警告と罰金7千スイスフラン(日本円でおよそ81万円)の処分を下したことを明らかにした[1]

ベッケンバウアー氏は2018年2022年FIFAワールドカップの招致に関連して、この調査でFIFAから何度も協力を求められたものの、ベッケンバウアー氏が協力しなかった為、警告と罰金の処分が下されたもの[2]。なお、ベッケンバウアー氏は、2006 FIFAワールドカップに関し、FIFAに対して670万ユーロ(およそ8億5000万円)を送金したことについても調べられている[2]

情報源[編集]

  1. 共同通信社 『FIFA倫理委、ベッケンバウアー氏に処分 「調査に非協力」』日本経済新聞、2016年2月18日。
  2. 2.0 2.1 『サッカー=FIFA倫理委、ベッケンバウアー氏に罰金処分』ロイター、2016年2月18日。