FIFA会長選 正式な立候補者出そろう

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2016年1月27日】

FIFA(国際サッカー連盟)はブラッター会長の後任を決めるためのFIFA会長選へ臨む5人の候補者を、1月26日にて公表した[1]

このたび会長選の候補にあがったのは、ヨルダンアリ・フセイン王子、アジアサッカー連盟会長を務めるシェイク・サルマン(en:Salman Bin Ibrahim Al-Khalifa)、かつてのFIFA副事務局長だったジェローム・シャンパーニュ氏(en:Jérôme Champagne)、UEFA事務局長を務めるジャンニ・インファンティノ(en:Gianni Infantino)、実業家であるトーキョー・セシュワレイ(en:Tokyo Sexwale)氏の5人[2]。この5人によるFIFA会長選は、スイスチューリヒで2月26日に行われる予定となっている[3]

情報源[編集]

  1. 時事通信社 『FIFA会長選、5人の候補を正式発表』朝日新聞社、2016年1月27日。
  2. 『FIFA会長選 正式な立候補者にフセイン王子ら5人が決定』スポーツニッポン、2016年1月27日。
  3. 『FIFA会長選、正式な立候補者5人が出そろう』AFPBB News、2016年1月27日。

ウィキニュース関連記事[編集]