FIFAのスポンサーがブラッター会長に辞任要求

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2015年10月3日】

Wikipedia
ウィキペディア2015年FIFA汚職事件に関する記事があります。

2015年9月25日から捜査を始め、事情聴取を受けたFIFAブラッター会長に対して[1]、FIFAのスポンサー4社は即時辞任を要求した[2]。FIFAへスポンサーとしての権限を効かせイメージ悪化を抑止する目的と見られる[2]

この内、コカ・コーラが一番最初に声明を発表し[3]、ウェブサイトの中で「競技のために、ブラッター会長に即座に辞任するよう求める」「1日が過ぎるごとにFIFAの評価とイメージは汚され続ける」としている[2]。また、マクドナルドも「ここ数週間の出来事がFIFAの名声と、統率能力についての信頼を失わせている。」とした上で[1]、「信頼できる改革を進められるよう、会長がすぐに辞任するのが競技にとって最善だ」としている[2]

また、カード会社のVISAも、「ブラッター会長の即時辞任がFIFAにとって最善なのは明らかだ」とした上で[2]、「現在のFIFAの指導部の下では実質的な改革はできない」という声明を出しており[3]、世界で最大手のビール会社のアンハイザー・ブッシュ・インベブもブラッター会長に対して即時辞任を求めている[2]

これに対し、FIFAのブラッター会長は「辞任はFIFAの利益にもならず、改革を進めるわけでもない」と弁護士を通じて声明を発表しているが[3]、スポンサーとFIFAとの対立は、FIFA自体における今後の運営に支障が出ることが予想されている[2]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 共同通信 『【FIFA汚職】最上位スポンサーがブラッター会長の即時辞任要求 コカ・コーラやマック「日々過ぎるたび名声汚される」』産経ニュース(産経新聞社)、2015年10月3日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 ジュネーブ=原克彦 『スポンサー4社、FIFA会長に即時辞任要求 会長は拒否』日本経済新聞社、2015年10月3日。
  3. 3.0 3.1 3.2 ニューヨーク=中井大助 『FIFAスポンサー、相次ぎ会長辞任要求 捜査公表受け』朝日新聞デジタル(朝日新聞社)、2015年10月3日。