秋田・少年殺害事件、畠山容疑者長女殺害で再逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年7月19日】

Wikipedia
ウィキペディア秋田児童連続殺害事件に関する記事があります。

中日新聞によると、秋田県藤里町で5月起きた少年殺害事件で逮捕されていた畠山鈴香容疑者(33歳)が、4月に同容疑者の長女・彩香さん(当時9歳)を殺害したとして能代警察署は7月18日、同容疑者を殺人の疑いで再逮捕した。

事件は、秋田県藤里町の小学4年畠山彩香さんが同県能代市の川で水死体で発見されたもので、能代署の調べでは、4月9日夕方、畠山容疑者の自宅近くにある大沢橋の欄干から彩香さんを突き落としたとされている。彩香さんは4月10日、落下現場から4キロ下流で遺体となって発見された。警察は当初、彩香さんの死因は事故死と判断していた。

読売新聞によれば、畠山容疑者は、彩香さんを大沢橋からから突き落として殺害したことを認め、動機についても「邪魔になった」と供述した。また岩手日報によると、「娘が橋から帰ろうとしたらダダをこねていたのでイライラしていた」と彩香さんを投げ落とした理由を述べているという。また産経新聞によると、今回の事件の再逮捕に際して、地元・藤里町の住民からは県警の初動体制が不十分だったことに対する批判や、自らの娘を殺したことに対する畠山被容疑者への憤りなどがあるという。

関連記事[編集]

出典[編集]