ANAがA380で初日の出フライト

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2021年1月2日】

ANAのエアバスA380 (JA381A)

日本の大手航空会社である全日本空輸(ANA)は、1月1日、新年の初日の出フライトを実施した。今回実施された、成田国際空港発着の初日の出フライトには、超大型旅客機である2階建のエアバスA380型機(登録記号JA381A)が使用された[1][2]。同社は2001年から初日の出フライトを実施しているが、A380で初日の出フライトが行われるのは今回が初めてであるという[1]

フライトはNH2030便として運航され、参加者226人(幼児なし)と乗員23人(パイロット2人、客室乗務員21人)を乗せて初日の出を観賞した[1]。午前5時26分に成田空港を出発した2030便は、午前8時46分に成田に到着した[1]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 Tadayuki YOSHIKAWA 『ANA、A380で初日の出フライト 成田発着』Aviaton wire、2021/01/01。
  2. 『ANA「初日の出フライト」に巨大機「A380」初投入 異例のフライト 機内の様子は?』乗りものニュース、2021/01/01。