ANA、5000億円規模の資本調達協議

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2020年8月14日】

All Nippon Airways Logo

日本経済新聞によると、全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(ANA HD)が、日本政策投資銀行(DBJ)や民間金融機関と、5000億円規模の資本調達に向けた協議を始めたという[1][2]。新型コロナウイルスによる影響の長期化に備え、一部が資本とみなされる「劣後ローン」の形で数千億円規模の融資を受けるために協議を進めている[3]

情報源[編集]

  1. 『ANA、5000億円規模の資本調達で協議』日本経済新聞、2020/08/14。
  2. 『ANA、5000億円規模の資本調達協議 政投銀や3メガバンクと』Aviation Wire、2020/08/14。
  3. 『ANA 数千億円規模の融資で金融機関と協議 コロナ長期化に備え』NHK、2020/08/14。