95年の八王子スーパー射殺事件に300万円の懸賞金

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年8月2日】

警視庁八王子警察署は、1995年7月30日に八王子市内のスーパーで起きた拳銃殺害事件で、犯人逮捕のための有力な情報に対し、300万円の懸賞金を支払うことを明らかにした。

警視庁と産経新聞によると、この事件は、1995年7月30日午後9時15分すぎから20分すぎまでの間に、八王子市大和田町4丁目のスーパーマーケット「ナンペイ大和田店」の2階事務所内で、アルバイトの女子高校生前田寛美さんと矢吹恵さんが手を縛られ、テープで口を塞がれた上で、パートの稲垣則子さんと共に頭を拳銃で撃たれて即死した事件。事件から11年が経過し、時効まで4年となった2006年7月30日から2007年7月29日(予定)までの間に、捜査本部に寄せられた最有力情報に対して、地元の有志や遺族の作る「捜査に協力する会」から300万円が支払われる。

日本経済新聞、日刊スポーツ、産経によると、30日には、午後1時ころから捜査員やボランティアなど110人が近くの駅前などで情報提供を呼びかけるメモ帳を配布し、情報提供を訴えた。

産経によればのべ11万人を超える捜査員が投入され、現在でも24人が捜査に専従している。

  • 連絡先:大和田町スーパー事務所内けん銃使用強盗殺人事件特別捜査本部(電話042-646-4240)

出典[編集]