コンテンツにスキップ

4歳児が65kmをマラソン

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2006年5月3日】

オリッサ州の位置
ブバネスワル
プリ

毎日新聞によると、インドのオリッサ州で、4歳の少年がマラソンに出場、65kmを約7時間で走った。

共同通信の伝えるPTI通信によると、この少年は、4歳半のブディア・シンちゃん。産経新聞によると、警察主催のマラソン大会に出場し、オリッサ州プリからブバネスワルまでのコースを走った。65kmを走ったが、全行程70kmの完走はできなかった。医師の診断を受けたが、異常ないという。天候は摂氏30度を超えていた。ロイターによれば7時間2分の間、走ったという。

この少年は、父親の死後、1歳の時、貧しい母親に800ルピー(20ドル)で売られたのち、地元の柔道の教師が、彼を養子にして訓練したという。

人権団体は、少年の健康上の問題を指摘している。アジア人権センターは、インド全国人権委員会 (NHRC) が、この企画に加わった役人の懲戒を求めると言った。

出典[編集]