2020年6月21日 - 全国で部分日食

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

訂正:公開当初に利用していたニュースソースの一部が中立性の掲載基準を満たしておりませんでした。お詫びして訂正いたします。


【2020年6月21日】

Wikipedia
ウィキペディア2020年6月21日の日食に関する記事があります。
部分日食(今回のものではありません)

6月21日の夕方、日本全国で部分日食が起こった[1]アフリカからアジアにかけて一部の地域では金環日食が起こり、日本でも部分日食が起こった。夏至の日食は1648年以来(372年ぶり)である。南西日本ほど大きく欠け、沖縄などでは深い部分食となった[2]

前回日本で日食が起こったのは2019年12月26日だった。このときはアジアの一部地域で金環食となり、日本では部分食が起こった[1]。次日本で日食が起こるのは2023年4月20日で、このときオセアニアなどの一部地域では皆既食が、日本では一部地域で部分食が起こる[1]

主な地点での日食予報[2]
地名 食の始め 食の最大 食分 面積比 高度 食の終わり
石垣 15時55分40秒 17時16分40秒 0.93 0.91 29 18時25分50秒
那覇 15時59分36秒 17時16分41秒 0.837 0.790 26 18時23分11秒
福岡 15時59分40秒 17時09分33秒 0.618 0.524 27 18時11分23秒
大阪 16時06分04秒 17時09分30秒 0.54 0.43 23 18時07分54秒
東京 16時11分13秒 17時10分12秒 0.471 0.358 20 18時03分43秒
仙台 16時12分05秒 17時07分09秒 0.400 0.284 20 17時57分37秒
札幌 16時12分45秒 17時00分56秒 0.290 0.179 22 17時45分50秒

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 『日本全国で部分日食』国立天文台、2020年6月21日。
  2. 2.0 2.1 『【特集】2020年6月21日 部分日食・金環日食 - アストロアーツ』astroarts、2020年6月21日。