2020年夏季オリンピック・パラリンピック 東京で開催決まる

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
オリンピック旗
パラリンピック旗
2020年東京オリンピックの会場となる国立競技場(2004年)

【2013年9月8日】

毎日新聞によると、2020年夏季近代オリンピックパラリンピックの開催地を決定する国際オリンピック委員会(IOC)第125次総会が現地9月7日、アルゼンチンブエノスアイレス市で行われ、東京都を開催地に決定した。

今回の2020年オリンピック・パラリンピック開催へ向けては、東京都のほかスペインマドリード市と、トルコイスタンブール市の3都市が立候補し、9月7日に行われた総会で、まずこの3都市によるプレゼンテイションが行われ、その後IOC委員による投票を実施。その結果、1回目は東京都が1位通過し、残り1つをイスタンブール市とマドリード市が並んだため再投票をした結果マドリード市が脱落。東京都とイスタンブール市による決選投票を行い、東京都が開催地として選出された。東京都での開催は1964年以来2回目。またスポーツ報知によると、冬季大会を含めると1998年の長野以来4度目となる。

2020年オリンピック開催地決定投票結果(スポーツ報知より)
※=その回の投票は参加せず
開催候補地
/投票回
1回目 1回目
再投票
2回目
(決選)
東京 42 60
イスタンブール 26 49 36
マドリード 26 45

スポーツ報知によると、プレゼンテイションでスピーチをした太田雄貴氏(フェンシング選手)は号泣したという。

産経新聞によると、駒沢オリンピック公園ではパブリックビューイングによる上映会が行われ、「東京」と開催地が告げられると、会場の市民2000人は総立ちとなり、五輪開催を拍手で歓迎した。「スポーツスタッキング」選手の瀬尾剛さん(24)は「マドリードが落選して、少し安堵したけれど、やっぱり東京と呼ばれるまでドキドキした。これから7年間ワクワクしながら過ごせる」と喜びの表情を浮かべていた。

情報源[編集]