2019年ラグビーW杯選手権大会 日本での開催決定

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
(CC2.0資料) ラグビーW杯選手権大会優勝国に贈呈されるトロフィー「エリス杯」

【2009年7月29日】

産経新聞によると、ラグビーの国際競技連盟「国際ラグビーボード(IRB)」の理事会が7月28日(UTC+1=アイルランド夏時間日本時間とは-8時間)にアイルランド・ダブリンで行われ、ラグビーワールドカップ選手権大会の2015年の大会をイギリスイングランド、2019年の大会を日本でそれぞれ開催することを決定した。同大会を運営する「ワールドカップリミテッド」という団体は6月末に2015年はイングランド、2019年は日本での開催がそれぞれ望ましいとして推薦し、この理事会の席でそのまま開催が決定したものである。

時事通信によると、同選手権がアジアで行われるのは史上初めてで、国立競技場横浜国際競技場(日産スタジアム)札幌ドームなど日本の9箇所をメインとして、中国領香港シンガポールとの共催も計画しているという。日本は2011年の大会にも立候補していたが、この時はニュージーランドに敗れており、2度目の立候補で念願の同選手権誘致を達成することとなった。

スポーツニッポンによると、この決定を受けて自らもラグビーの全国高校選手権大会に出場した実績を持つ大阪府橋下徹知事も「非常に喜んでいる。(同選手権開催)大歓迎。世界の一流選手が集い、圧倒的迫力で感動させてくれると思う。ぜひ大阪でも試合をして大いに盛り上げてほしい」と喜びのコメントを残している。

情報源[編集]