2014年東京都知事選、舛添要一氏当選

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2014年2月10日】

当選した舛添要一氏(PD)
Wikipedia
ウィキペディア2014年東京都知事選挙に関する記事があります。

猪瀬直樹東京都知事の辞任を受け、行われた東京都知事選挙は2月9日に投開票が行われ、舛添要一氏(自民党東京都連公明党東京都本部推薦)が当選した。[1]

今回の投票率は、46.14%で前回(2012年・62.60%)を下回った。これまで、最も低かった投票率は1987年に行われた43.19%。[2][3][4]

当選した、舛添氏は「政策を訴え、最も有権者と対話できた。東京を世界一の街に、そして何よりも五輪を確実に成功させたい。原発依存を削減することは重要だ。」と述べた。[1]

開票結果[編集]

開票結果は次の通り。全候補が新人。諸派のマック赤坂氏を除いて無所属。[5]

  1. 舛添要一 - 2,112,979票
  2. 宇都宮健児 - 982,594票
  3. 細川護熙 - 956,063票
  4. 田母神俊雄 - 610,865票
  5. 家入一真 - 88,936票
  6. ドクター・中松 - 64,774票
  7. マック赤坂 - 15,070票
  8. 鈴木達夫 - 12,684票
  9. 中川智晴 - 4,352票
  10. 五十嵐政一 - 3,911票
  11. 姫治けんじ - 3,727票
  12. 内藤久遠 - 3,575票
  13. 金子博 - 3,398票
  14. 松山親憲 - 2,968票
  15. 根上隆 - 1,904票
  16. 酒向英一 - 1,297票

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 毎日新聞 『都知事選:舛添氏が大差で初当選 次点は宇都宮氏に』毎日新聞、2014年2月9日。
  2. 朝日新聞 『東京)大雪残った 都知事選、投票率は…』朝日新聞、2014年2月10日。
  3. 読売新聞 『都知事選投票率46・14%…過去3番目の低さ』読売新聞、2014年2月10日。
  4. 日本経済新聞 『都知事選投票率46.14%、過去3番目の低さ 残雪影響か』日本経済新聞、2014年2月10日。
  5. 時事ドットコム 『東京都知事選開票結果』時事通信、2014年2月9日。