2010夏の甲子園 真紅の優勝旗が初めて沖縄に - 興南高校、春・夏連続優勝

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
満員の甲子園球場 GFDL

【2010年8月22日】

読売新聞によると、第92回全国高校野球選手権大会決勝戦が8月21日(UTC+9)、甲子園球場で行われ、沖縄県興南高校神奈川県東海大相模(さがみ)高校を下し、沖縄県勢が夏の甲子園で史上初の優勝を決めると共に、春の選抜選手権との春・夏連覇を成し遂げた。

西日本スポーツによると、この試合は47000人の満員の観衆の下で行われた。興南高校は4回2アウトから5連打を決めるなど11人の打者で7点を奪う。さらに6回には我如古盛次(がねこ・もりつぐ)が3ランホームランを放つなどして5点を挙げるなど、先発メンバー全員安打となる19安打・13点の猛攻を見せ、投げても、島袋洋奨(しまぶくろ・ようすけ)が東海大相模に9安打を許すも1点に抑えて完投勝ちを収め、13-1で勝利した。

西日本スポーツによると、春・夏連覇は1962年の栃木県作新学院、1966年の愛知県中京商業(当時。現・中京大中京高校)、1979年の和歌山県箕島、1987年の大阪府PL学園、1998年の神奈川県・横浜高校に次ぐ史上5回目。また沖縄県のチームは1958年・第40回首里(しゅり)高校が初出場して以来53年目での優勝となった。なお読売によると、沖縄勢は春の選抜選手権で3回優勝している。

地元沖縄で大フィーバー[編集]

日テレNEWS24によると、那覇市・興南高校の体育館では、地元に残った学校関係者が応援に駆けつけ、中にはプロボクサー具志堅用高(ぐしけん・ようこう)選手をモデルにした着ぐるみをまとったファンもいた。優勝が決まった瞬間は喜びを爆発させてお祭り騒ぎの状態になった。また那覇市内の商店街でもカチャーシーという踊りを舞う市民までいたという。

情報源[編集]