2009世界陸上 やり投げの村上幸史選手が銅メダル 同種目で日本人初のメダル獲得

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年8月25日】

読売新聞朝日新聞日刊スポーツによると、ドイツベルリンで開催されていた世界陸上競技選手権大会最終日の8月23日(UTC+2=ドイツ夏時間)、男子やり投げの決勝が行われ、日本村上幸史(むらかみ・ゆきふみ)選手(29)が2投目で82メートル97を記録して3位に入賞し、銅メダルを獲得した[1][2][3]

この種目の過去の成績は1987年大会溝口和洋選手が記録した6位が最高順位で[1][2]、日本勢の同種目でのメダル獲得はオリンピック世界選手権を通じて初となる[2][3]投てき競技でのメダル獲得は、男子ハンマー投げ競技で2001年大会銀メダル2003年大会銅メダルの室伏広治選手に次いで2人目となる[1][3]

同種目は、アテネオリンピック北京オリンピック金メダリストのアンドレアス・トルキルドセンが89メートル59で優勝した[1][3]

情報源[編集]

各情報源の日時はUTC+9

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 YOMIURI ONLINE(近藤雄二) 『男子やり投げ、村上が日本人初「銅」…世界陸上』読売新聞、2009年8月24日。
  2. 2.0 2.1 2.2 asahi.com(増田創至) 『男子やり投げ、村上幸史が銅メダル 世界陸上』朝日新聞社、2009年8月24日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 nikkansports.com 『村上、やり投げで銅の快挙/世界陸上』日刊スポーツ新聞社、2009年8月24日。