2008夏の甲子園の組み合わせ決定方法発表

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年4月16日】 朝日新聞、スポーツ報知、デイリースポーツによると、第90回全国高校野球選手権大会運営委員会が4月15日に大阪市内で行われ、今大会の組み合わせ抽選の方式についての詳細を決定した。

それによると、今大会は8月2日開幕となる日程上の関係で全ての代表校(55チーム)が集まった形での抽選会は行わないで、それぞれの都道府県の代表校決定戦(決勝)終了次第、それぞれの試合終了の早い都道府県から順次抽選を行う。原則として各都道府県大会の閉会式終了後に行うが、1日に4地区以上の代表校決定戦が重複した場合は決定戦終了後から閉会式の間の時間帯を使うこともある。

またスポーツ報知によると同じ時刻に試合が終了した場合は北から順番に抽選を行う他、北海道埼玉県千葉県東京都神奈川県愛知県大阪府兵庫県の以上8都道府県は2つの地区から代表校が出るため、最初の試合では同じ都道府県の代表校同士が対戦しないように配慮する。代表校は7月27日までに全て出揃う予定だが、デイリースポーツによると、万が一7月28日以後に代表決定戦がずれ込む場合は、そのチームの全国大会の最初の試合までに5日間の間隔を空ける処置を行うとしている。

出典[編集]