2008アメリカ大統領選挙、民主党候補者指名でオバマ氏優位に

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホワイトハウス
記事

【2008年2月11日】

時事通信によると、アメリカ大統領選挙の候補者を選ぶ民主党の予備選挙・党員集会が2月9日にワシントン州等3州、また10日にはメーン州でそれぞれあり、オバマ氏がクリントン女史を圧倒して選挙戦を優位にした。

先日の「スーパーチューズデー」ではほぼ互角の状態が続いていたが、9日に行われたワシントン、ネブラスカルイジアナの3つの州で行った予備選挙などでオバマ氏が全て勝利。このメーン州の集会でも勝ち名乗りを挙げたことにより、オバマ氏は4連勝を決めたことになる。しかし、日経新聞によると、9日の段階におけるCNN推計の累計獲得代議員はオバマ氏1049人、クリントン女史1108人とほぼ互角であるため、未だ指名候補争いは余談を許さない状態が続いており、12日に予定されるメリーランド等2つの州とワシントン市を舞台に行われる「首都決戦」が今後の最大の焦点とされる。

出典[編集]